• 埋葬の一選択としての自然葬

    近年、暮らしや家族の在り方の変化に伴ってお墓を巡る動きが多様化していますが、その代表的なものが「自然葬」というワードです。
    自然葬には、樹木を墓石代わりにする樹木葬・海への散骨をする海洋葬などが含まれます。


    当然のことながら、不幸は予測できないものです。
    自然葬を希望してインターネット等で調べても不安が残って踏み出せないうちに…ということは十分にあり得ることです。



    早いうちから信頼できる葬儀会社に相談して紹介してもらう、見学を申し込む等、検討を重ねることが肝要です。


    実際に土地を見てみたら、思っていたよりも規模が小さかったということもあるでしょう。
    また、同じ樹木葬でも、区画の大きさや樹木の選択の有無によって費用に何十万もの差が出ることがあります。

    納得のYahoo!知恵袋に関する詳細はこちらです。

    海への散骨についても同様です。

    思い出のある土地が見える場所や、夕日が綺麗に見える場所等を望む方も多いでしょう。

    しかし、漁業の風評被害などを防ぐため、業者が散骨場として使用する許可を取っている場所に限られることになります。


    自然葬を希望している方は、その理由について一度整理してみることをお勧めします。



    例えば、1本人ないし家族が墓石を持ちたくない・買いたくない2無縁墓になることがない(墓石をこの先継いでくれる子孫がいない)3自然の中へ葬られることを本人が希望している、など。

    3以外の理由では「墓石を所持して供養し続ける」という事柄が問題となっています。

    墓石を所持しない埋葬のあり方には永代供養もありますので、抵抗がなければそちらを検討することもできます。合葬ではなく個人墓であったり、七回忌までは簡素な墓を借り、以降は合同墓へと改葬したりと、永代供養もお寺によって様々な違いがあります。

    埋葬の方法とは、供養の形でもあります。故人への想いを表すことのできる一番良い方法を、家族皆で共に調べ共に検討することが、何よりも大切なことでしょう。

  • 大事な行事の事

    • これまで日本人のお葬式といえば仏式葬を行い、お坊さんに戒名を付けてもらってから菩提寺のお墓に埋葬する方法が一般的でした。近年は人々の価値観が多様化し、従来の仏式葬ではなくて自由葬を希望する人が増えています。...

  • 行事について思うこと

    • 近年、従来の墓に埋葬する葬送ではなく、散骨や樹木葬を選択する人が増えています。散骨や樹木葬は、骨を自然に還すという自然葬になりますが、両者は埋葬方法が異なります。...

  • 納得の事実

    • 一般的に、葬儀や埋葬の儀式はその地域の宗教的な信条に基づいて行われます。日本では従来型のお墓や納骨堂は仏式または神式の施設が利用されますし、キリスト教式の墓地に埋葬することを希望する人もいます。...

  • 納得の情報

    • 散骨とは、遺骨をお墓に納めず、海や山にまくことです。最近ではこの方法を選択する人が増えてきています。...