• 散骨が現代の日本人に合った埋葬方法である理由

    一般的に、葬儀や埋葬の儀式はその地域の宗教的な信条に基づいて行われます。


    日本では従来型のお墓や納骨堂は仏式または神式の施設が利用されますし、キリスト教式の墓地に埋葬することを希望する人もいます。


    埋葬方法は、故人や遺族の宗教的な信条によって選択されます。



    菩提寺のお墓がある場合、無宗教葬や仏式葬以外の方法でお葬式を行うとお墓に埋葬をすることができません。従来型のお墓に埋葬するためには、宗教的な信条が束縛されてしまう場合があります。


    特定の宗教的な信条に束縛されずに埋葬を行う方法として、散骨があります。
    散骨は、日本では合法的な埋葬方法のひとつとして認められています。


    自然界に粉砕した遺骨を撒く行為は、仏教・神道・キリスト教、その他多くの新宗教や無宗教・無神論など、ほとんどの日本人が持つ宗教的・哲学的信条とも反していません。


    墓地が存在しなければ、宗教的または哲学的な信条の点で伝統的な考え方に束縛されずに自由に自分らしい生き方ができるようにもなります。

    散骨を選択すれば高額の費用を負担してお墓を建てたり、管理するための手間が不要であるというメリットもあります。

    毎日新聞に関する情報を紹介するサイトです。

    従来型の石のお墓に埋葬しようとすると、埋葬式でお坊さんにお経を読んでもらったり、重い石を持ち上げて石室に骨壺を埋葬するための費用がかかってしまいます。



    散骨も一定の費用がかかりますが、従来型のお墓に埋葬するよりも安価です。散骨は価値観が多様化する現代の日本人に合った埋葬方法であると言えるのです。