• 樹木葬をするときの注意点

    近年、従来の墓に埋葬する葬送ではなく、散骨や樹木葬を選択する人が増えています。


    散骨や樹木葬は、骨を自然に還すという自然葬になりますが、両者は埋葬方法が異なります。


    散骨の場合は、お墓を作らずに、遺骨をパウダー状にして海や山、空中に撒くのに対して、樹木葬は墓地・埋葬などに関する法律に基づいて許可を得た区域に埋葬するという決まりがあります。

    散骨の場合、法律が存在しないため、節度とルールを守って行えば特別な許可や手続きをとる必要はありません。



    樹木葬は、墓石を墓標とする従来の葬送とは違って、自然の山へ草木や木を植えて、その下に骨を埋葬する方法です。

    埋葬できる場所は霊園の敷地など決まった区域という制限はありますが、自然へ還ることができる葬送として、近年選ぶ人が増えてきています。

    朝日新聞デジタルなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

    樹木葬には、遺骨を個別に埋葬する方法と、複数人の遺骨を同じ区画に埋葬する方法の2種類があります。



    個別に埋葬する場合、一人に対して1本の樹木を植えたりすることができますが、スペースの問題もあるため、対応している霊園や墓地に限りがあります。一方、複数人の遺骨を同じ区画に埋葬する場合は、対応している霊園も多く、費用が安くなるというメリットがありますが、複数の遺骨をまとめて納めるため、一度埋葬すると後から遺骨を取り出すことができなくなるというデメリットもあります。

    どちらにしても、従来の墓石を利用した葬送に比べると、費用を大幅に抑えることができますから、今後ますます利用者は増えていくと考えられます。