• 樹木葬を行う埋葬場所の種類

    これまで日本人のお葬式といえば仏式葬を行い、お坊さんに戒名を付けてもらってから菩提寺のお墓に埋葬する方法が一般的でした。



    近年は人々の価値観が多様化し、従来の仏式葬ではなくて自由葬を希望する人が増えています。
    埋葬方法も菩提寺のお墓ではなく、自然の一部に還る「自然葬」が注目を集めています。


    日本国内で自然葬を行う場合には、海洋散骨と樹木葬が選択できます。
    陸上で散骨を行うためには地権者の許可が必要となるため、実質的に不可能です。野山が好きで陸上の自然に還ることを希望する方は、樹木葬を選択することになります。

    樹木葬は散骨とは違い、墓地として登録された霊園(樹林葬墓地)に埋葬を行います。


    樹木葬ができる墓地は里山型と、都市型・公園型の2種類があります。里山型の樹林葬墓地は郊外の広い場所に設置されていて、山の斜面や雑木林などの近くで自然の状態に近い所に埋葬を行います。

    遺骨1体を埋葬するごとに墓標代わりに樹木を1本植えることにより、環境作りに貢献することができます。

    goo ニュースはかなり有益な情報が揃っています。

    都市型・公園型の樹林葬墓地は市街地などの便利な場所で、公園のような施設で埋葬を行います。



    複数の遺骨につき1本の木が植えられ、桜や梅、バラなどの花を咲かせる樹木を植える場合もあります。
    一般的に民営霊園の多くは宗教団体(仏教寺院)が運営していて、宗教・宗派が限定されるケースがほとんどです。

    樹木葬については民営霊園であっても宗教不問の施設があり、仏教以外の人でも利用できる所もあります。